面接について

面接について

このようなお悩みの方へ

 

  • うつ や 不安 、気分に波がある方
  • 生きることに対する困難さを感じている方
  • 臨床心理士はもちろん、対人援助職全般の専門家の方へのスーパービジョンも行っています。

関係性という視点

面接のなかで、私が重視しているもののひとつは、「関係性」という観点です。
例えば、AさんとBさんとの関係性と、AさんとCさんとの関係性は違います、
それぞれが、それぞれに違った関係性を持っています。

 

同じように「わたし」と「あなた」の関係性もまた、そこにしか生まれない特別なものです。
この「関係性」のなかから、あなたの問題を考えてゆく、
経験上、そうしたアプローチが有効である場合が多いと感じています。

 

多くの一人で行うワークや呼吸法や瞑想なども、ある一定の効果がありますが、
人間関係によって培われたものや、人間関係によって受けた傷は
関係性によってしか癒されないのではないか、と思っています。

 

(なので、これからどれだけ人工知能(AI)が発達しても、心理的なケアは
 人間にしかできないと考えています。遺伝子治療も同じでしょう。)

 

お薬も、ある一定の助けにはなりますが、こころの癒やしには関係性が必要です。

 

一人で治したい、一人で乗り越えたい、薬やカウンセリングのお世話になりたくない、
と思っている方にこそ、来て頂きたいと願っています。


 
トップページ 面接について 料金と場所 ご予約フォーム プロフィール よくある質問